こがねちゃんの夢を見ました。

0
    こがねちゃんが、
    いつものようにお布団の枕元にやってきて、
    お布団に入れろと言うので、
    めくってやると、
    スッと入って来て、方向を変えて、
    枕を全部取ってしまって、
    すぴーすぴーと寝息を立てて寝てしまう。

    そんな、いつもの毎晩の光景の夢を見ました。
    こがねちゃんはカラーで半透明でした。
    嬉しかったなあ。
    夢でも何でも、
    生きて動いているこがねちゃんに会えるのが、
    私は一番嬉しい。
    他の何よりも嬉しい。

    続いて見たのは、
    私は郊外の団地の中の公園みたいな、
    静かで人気の無い所の歩道を歩いていて、

    ちょっと離れた所を歩いている小さい男の子を見る。

    その子が言ったかどうかはわからないけど、
    子供の男の子の声が聞こえた。
    「こがねちゃんは天界(みたいな所)にいる。
    りうちゃんは、もう一回ネコに生まれ直す。
    (もう生まれ直している。)」

    私は、あ、そうなんだ、と、納得する。
    誰かの消息を聞いて、
    納得するような、安心するような、そんな感じ。

    夢に意味なんか無いけれど、
    目が覚めて起きて、
    ちょっとの間、
    ボーッとしていた短い時間は、
    とても穏やかな気持ちだった。
    こんな気持ちになることはほとんど無い。
    ちょっと悲しい。
    でも、ちょっと安心したような感じ。


    ここしばらく、あまりの寒さに
    毎日、早寝遅起きで、書けませんでした。
    私は寒さには強いつもりですが、
    流石に室温5度では、寒いです。
    10度までは平気なのですが。

    それに、怒髪天を突く毎日ですしね。
    言いたいことは山ほどありますが、
    今回は、いいお話で終わりたいので、
    言わないでおきます。(^_^)

    25年になるのです

    0
      今年は1995年から25年になるとのこと。
      こがねちゃんが生まれた年から、
      25年になります。
      生まれたのは晩秋の頃なのです。
      うちに連れて来たのは翌年の春。

      神戸の震災の早朝に三回、
      ベッドの上で、ばいんばいん跳ねた時には、
      まさか、こがねちゃんと出会うとは
      思ってもみませんでした。
      先のことなんかホントにわかりませんね。
      ただ、一日を生きることしかできないですね。

      そして、12日は月命日。
      28日は、りうちゃんの祥月命日です。
      いまだに辛いですが、
      気持ちはいつも、そちらにあって、
      それが日常なので、うん、これでいいよね、
      という感じです。(´・ω・)


      フルールさま

      ご挨拶遅れまして申し訳ございません。
      今年も宜しくお願い致します。
      ひめのすけさんの健康を
      心よりお祈り致します。\(^_^)/

      まるる様

      「教場」私も観ました。
      とても面白くてハラハラしました。
      最近の木村拓哉さんの主演作では
      かなり良かったと思います。

      しかしながら、
      私の俳優の男前の定義は、
      かなりおかしいので、
      もっと年配の俳優さんで
      観たかった気もします。

      狂言回し的なポジションの、
      工藤阿須加さんの警官は、
      二回もころされかけたのは可哀想でした。
      あんな目に二回もあったら、
      普通はもうここには
      いられないですよね。(^_^;)
      精神的ダメージが大き過ぎて。(^_^;)




      ずっといっしょなんですね

      0
        23年経っても、ずっと一緒にいるのは、
        寂しいけど幸せなことでもあるのだと思います。
        でも、とてつもなく寂しく悲しく、辛い。
        死別後の世界を生きるのは、
        半分死んだも同じで、
        生きてても死んだのと大差ないのです。

        年に一回だけでも、
        ちょっとの間でもいいから、
        目に見える姿で会えたら、
        どれだけ救われるでしょうか。
        生きる事ができるでしょうか。

        私は、今は、
        自分の寿命は3ヶ月と思って
        生きていく事にしています。
        取り敢えず、来年の3月いっぱいまでは、
        まあ、生きていけるでしょう。
        大きな病気が発症しない限り、
        何か事故に遭わない限り、
        向こう3ヶ月は生きていけるでしょう。
        そのつもりで、毎日を過ごします。
        3ヶ月ぐらいなら、まあ、何とかしのげる。

        一年先、10年先なんか、とても無理。
        毎日飽きもせず、寂しくて悲しくて辛いのに、
        そんな長く生きては行けません。
        でも、3ヶ月ぐらいなら、
        まあ、何とかしのげる。

        その積み重ねで、いつか、もしかしたら、
        私も23年を過ごすのかもしれません。(^_^;)

        明日は祥月命日

        0
          明日は、こがねちゃんの祥月命日です。
          特に思い詰めていたつもりはないけど、
          ここ数日、ずっと辛かったのは、
          もしかしたら、脳ミソが勝手に反応して、
          反芻してたのかもしれません。( ;´・ω・`)

          こがねちゃんが、あっという間に、
          勝手に走って行ってしまうみたいに
          逝ってしまってから、
          私の世界は変色して、
          りうちゃんには充分な事も
          してあげられなくて、
          今度は、世界が変色する以上に、
          私も変色してしまった。

          どうも恐ろしい事に、
          これは治らない。
          治る見込みが見いだせない。
          時間を巻き戻す事が出来ないから。

          でも、不幸ではない。
          こんな気持ちや状態は、幸せではないから、
          不幸なんだろうけど、
          ネコと暮らせた、これ以上ない幸せの、
          結果が不幸であってはいけないと思うし、
          そうしてなるものか、という気持ちだけで、
          なんとか持ち続けている。

          それ以外には、正直、何もない。

          日々の暮らしの安寧の有り難さは、
          これは充分、幸せだと思う。
          あれがない、これがない、
          また、これさえなければ、といった、
          我欲が沸き出る気力も元気ももう無い。
          諸行無常、とはこういうものかもしれない。

          喜怒哀楽の全部が、
          次の瞬間には意味を持たない、
          無いものになっている。
          テレビのチャンネルを変えていくみたいに、
          一個一個が次々に終わって、継続しない。

          良いことも悪いことも、
          終われば、過ぎれば、それまでで、
          思い出や記憶として蓄積しない。
          私の貧弱な、怠け者の脳ミソは、
          全部吐き出してしまう。

          きっと、
          こがねちゃん、りうちゃんのいた時で、
          一定の機能が止まってしまったのだろう。
          死別後の世界を生きるとは、
          そういうことなのだろう。

          ただ、どうにも困るのが、
          今のうちにやれるだけの事をしてやろう、
          という、いわゆる前向きな気持ちや行動と、
          何もしない、したくない気持ちが、
          せめぎ会うからとても疲れる。

          これ、軽い躁鬱じゃないかとおもうと、
          ヤバイなあ、と、思う。
          躁鬱は治らないらしいから、
          降り幅が大きくならないようにしないと
          身の破滅だからね。( ;´・ω・`)

          明日は、こがねちゃんの祥月命日。
          泣きわめく事も出来ないぐらいに
          打ちのめされた日。
          諸行無常でも、これだけは無常にならない。
          打ちのめされたままで、
          なんとかやっていくしか仕方がない。
          死別後の世界を生きていくのは、
          多分、こういうこと。

          台風怖い。( ;´・ω・`)

          今日はこがねちゃんの月命日

          0
            12日と言う日付を特に気にしなくても、
            私はいまだに毎日、気持の半分ぐらいを
            こがねちゃんとりうちゃんの事を思って
            過ごしています。

            つまり、半分ぐらい、いつも常に悲しいのです。

            もちろん、楽しい事も、嬉しい事もあります。
            その時は、悲しい気持ちは引っ込んでくれています。
            嬉しい事、楽しい事は、一瞬の花火みたいなもので、
            いつの間にか消えて、
            またいつもの悲しい気持ちに戻ります。

            でも、ただ悲しいのではなく、
            懐かしいような寂しい悲しさです。
            もしかしたら、ようようにして、
            自分の内に、ふたりを巣食わせる事に
            なったのかもしれません。

            いてほしいのに、いない。
            いないのに、いる。
            いるのか、いないのか、わからない。
            いないのは耐えられない。
            だから、いることにしたいのかも。

            時々、一人暮らしでネコがひとりいる人に対して、
            イラッとなる時があるので困っている。
            まだ若いネコとはいえ、
            どうして泊りがけの遊びの旅行に
            行けるのか解らない。
            どうして狭いケージに閉じ込める事ができるのかわからない。

            明らかな間違いでない限り、
            他人の飼い方にケチをつけたり、
            文句を言うことはできないので、
            もう、その人と、その人のネコの話はしない事にした。
            でないと、いつか私は爆発して、
            喧嘩して、また人間関係をぶち壊す。
            私にできるのは、やんわりとたしなめることだけだ。
            だから、イラッとする。

            人間関係というのは、
            相手を尊重できなくなったらおしまいだ。
            だから、ある程度距離を置いて、
            親しくなりすぎないようにしないと、
            私はだめだ。(-_-;)

            私とて、人に胸を張れるような飼い方を
            してたわけじゃない。
            完全室内飼育以外は、割といい加減だったと思う。
            だから、後悔ばかり。

            今、ネコと暮らしている人には
            本当にお願いしたいです。

            その子には、あなたしかいません。
            あなたがいなかったら生きていけなくて、
            すぐに死んでしまうのです。

            自分のことより何より、
            ネコの事を第一に、最優先にして下さい。
            この世で一番に大事にして下さい。
            お願いします。

            仕事が、終わったら、急いで早く帰って下さい。
            ネコは待っています。
            待ってないような顔を
            しているかもしれないけれど、待ってます。

            ネコはインテリアの一部でもないし、
            ましてや、動くオモチャでもないし、
            気が向いた時だけ可愛がれるぬいぐるみではないです。
            一人の人間と同じ生命で、
            しかも人間よりはるかに短い。

            外に出かけて、半日接していない時間の、
            なんともったいないことか。
            ネコにとっては、なんと長い時間であることか。
            考えただけで辛い。
            ネコを待たせてはいけない!(´;ω;`)


            いや〜、

            重いわ。

            我ながら重いわ。
            ほとんどストーカーのヤンデレ彼女だわ。(´;ω;`)

            ネコはネコ、人は人。
            ネコはペット。

            そういうふうにサクッと考える方が、
            はるかに健康的だわ。
            わかってる。
            それはわかってる。

            わかってるけど、ダメなこともあるわけで。

            こがねちゃんに会いたい。
            りうちゃんに会いたい。
            やり直したい。

            って、やっぱストーカーだよ!( ;´・ω・`)


            フルール様

            食が細くなって、
            好き嫌いも大きくなって来ているのでしょうか。
            ナメるだけで食べられるウェットフード、
            なんだったら仔猫用でも構わないと思います。
            食べないと痩せてしまうので、
            いつでも好きな時に少しでも食べられるように
            できる限りで良いと思うので、
            根気よくお世話してあげてくださいね。
            怒っちゃいけませんよ。
            私みたいに、
            これ食べないんだったら、
            もう食べるものないよ〜!( ; ゚Д゚)
            なんて、言ったら可哀想ですから。

            もし、イラっとしちゃったら、

            これだから関西人は!!( :゚皿゚)
            あ〜!も〜!関西人は!( :゚皿゚)

            って、私のこと、ののしってくださいね。
            大丈夫です、
            ひめのすけさんの好き嫌いは私のせいです。
            私が悪いのです。
            ひめのすけさんは悪くありません。


            ネコに恥ずかしくない生き方

            0
              こがねちゃん、りうちゃんに
              恥ずかしくない生き方をしたい、とか、
              うっかり言ったものの、
              ハテ、それは?

              と、つらつら考えていました。

              ネコに恥ずかしくない人の生き方とは?

              まず思い当たることは、
              よく眠ること。
              何より寝ること。

              それから、いちいちイライラしないこと。
              まぁ、いいか、と、流して寝てしまうこと。

              食べる時は美味しく楽しく感謝して。
              お行儀よく食べること。

              自分のやりたいこと、したいことを最優先に。
              そのためには一人で行動することを厭わない。
              一人を恐れない。
              寂しくなったら寝てしまうこと。

              好きな人には好きって言う。
              キライな人は無視してなるべく関わらない。
              何だったら逃げる。

              今だけを見つめて、ただ生きる。
              明日のことや、その先の事を心配してクヨクヨしない。
              しそうになったら寝てしまうこと。

              自分を大好きでいい。
              イヤになったら寝てしまうこと。



              こんな感じかな?(^_^)



              写真をプリント

              0


                姪っ子ちゃんに送る物があったので、

                ついでに何枚か写真をプリントして送りました。

                姪っ子ちゃんは時々、今いるネコ姉妹の写真を

                絵葉書にプリントして送ってくれます。

                スマホのアプリで作っているらしくて、

                小学校高学年でもうそれぐらいできるのかと、

                文明開化に驚くばかり。

                 

                私も、新しもの好きな方だとは自負してるのだけど、

                (Windowsの存在しない時代からMacintosh使ってたしね!)

                最近は、もうわりかしどうでもよくなってしまって、

                コスパが最優先事項になってしまってますね。

                 

                使っている携帯電話も二つ折りの。

                この間、携帯電話会社から、2022年で使えなくなるから替えて!って、

                DMが来たけど、不自由はないので、当分ギリギリまで替えない。(^_^;)

                今の料金より高くなるのは嫌だし、

                スマホに替えるのなら、格安会社のも視野に入れて考えるし、

                きっとまた状況や技術も変わるでしょうしね。

                 

                写真をあれこれ吟味していたら、ほんとにおもしろいほどまともな写真がない。

                変な顔ばっかりで、ブサイクとしか言いようがない。(-_-;)

                りうちゃんなんか、もう本当になんかもうすみません。

                でも、ブサイクな顔してる時のネコは、最高にくつろいでて機嫌がいいらしいので、

                ならもう仕方がない…か… ウェーン ( ノД`)シクシク…

                 

                動画もすこしだけあって、

                HTMLのバージョンが5になって、動画を貼るタグができたそうなので、

                あまり忙しくないうちに、少しずつ貼っていきたいです。

                きったない部屋が見えてしまうので、私個人的にはつらいです。

                 

                こがねちゃんとりうちゃんが若くてピチピチだった頃は、

                デジタルカメラも携帯電話もなかったから、写真がほとんどありません。

                悔やんでも仕方がないけど、ほんとに残念。(-_-;)

                 

                 

                あゆさま、

                いつもありがとうございます。

                お言葉うれしいです。

                また後程お返事させていただきますね。

                フルールさまもありがとうございます。

                ひめのすけさんとの出会いは、いつうかがっても衝撃です。

                ジブリのアニメみたいとしか。(^_^;)

                 

                 


                今日も寒かったです

                0
                  三連休ですが、寒さを言い訳にしてこもっています。
                  やらないといけない事にも追われてますしね。

                  こがねちゃんは、
                  ホントに不思議なくらい仕切り屋のネコで、
                  朝は頭に噛みついて起こしに来るし、
                  夜は「寝ないとダメにゃ」で、
                  私が寝ないと寝なかったし、
                  ホントに不思議なネコでした。

                  りうちゃんは普通のネコっぽく、
                  マイペースに生きてたけど、
                  もっとかまって、一緒に過ごせば良かったと、
                  後悔しています。(;ω;)

                  晩年の一番の嬉しい思い出は、
                  こがねちゃんにせっつかれて、
                  仕方なく横になった時に、
                  りうちゃんが自分のベッドから飛び出してきて、
                  胸の上に寝そべってゴロゴロ言っていた時間です。
                  左腕はこがねちゃんに封じられているので、
                  右腕で、りうちゃんを撫でて、
                  ゴロゴロを聴いているうちに、
                  いつのまにか寝落ちしていました。
                  2014 年の一番幸せな時間の記憶です。

                  巻き戻したいなあ。(;ω;)

                  何気ない一瞬、すべてが貴重な大事な一瞬です。
                  どうぞ、どうぞ大切になさって下さい。
                  後悔と罪悪感にまみれた私が言うことではないですが、
                  ネコさんとの幸せな時間を粗末に扱うと、
                  私のようになってしまいかねません。

                  大事に、大切になさって下さい。


                  さむうーーーーい!

                  0
                    最強寒波が来てるとのことですが、
                    ホントに寒いです。
                    今冬一番の寒さですね。

                    思い出すのは、
                    こんな寒い寒い冬の夜に、
                    お布団にずびこんできた、こがねちゃんが、
                    あ、ずびこんできたっていうのは、
                    潜り込んで来たって事です。
                    どこの方言か知りませんが。

                    こがねちゃんが、
                    ひえひえのツメツメの肉球4個を、
                    ピタッと私の脚にくっつけてくる時の
                    うっひょーー!ヽ(ill゚д゚)ノ

                    です。( ;´・ω・`)

                    おやすみなさい。
                    あったかくして下さいね。
                    冬は、本当は休息のための季節ですから。

                    嬉しい夢でした

                    0
                      寝ていましたら、
                      こがねちゃんがもそっと起きて、
                      ベッドから床に「トン!」って、
                      降りる音が聞こえました。
                      この音が聞こえると、
                      朝だなあ、起きないとなあ、やだなあ、と思うのです。

                      同時に、ああ、なんだ、やっぱりこがねちゃん、いるんだ、と、思いました。
                      気配がこんなにはっきりある。
                      音が聞こえる。
                      体重がある音がする。

                      でも、姿は見えないんだろうな。
                      でも、こんなにはっきりいるって判るもんなんだな。

                      と、夢の中で思ったのか、
                      現実にそう考えていたのか、
                      そこははっきりしません。

                      こがねちゃんが食べるものを探しているようです。
                      フードの残りは、
                      ほぼ弟の所に送ってしまったのだけど、
                      御供えに置いてるのが多少あります。
                      それを開けて間に合わせる事にしました。
                      現実にいなくても、いるんだから、
                      フードはやっぱりいるなあ、とか思いながら、

                      ずっと使ってなかったお皿を
                      きれいに洗って拭いて、カリカリを出しました。

                      でも、これ、実際には食べられないのだろうなあ、
                      そしたらかえって、こがねちゃん、
                      悲しくならないかなあ、
                      見えてても食べられないと、辛いよなあ、
                      などと思いました。

                      そこら辺にいる気配はするけど、
                      何故か見てはいけない気がするので、
                      見ないようにして、離れていました。

                      そしたら、普通にカラーではっきり、
                      普通に元気に走り回って、
                      カリカリ食べてるのが見えたのですね。

                      ああ、見えるんだ、って、ちょっとびっくり。

                      そしたら、いつのまにか、
                      りうちゃんもいるんですね。
                      カラーで、ずいぶん若返って、
                      赤い布の首飾りをつけて、
                      すぐ近くに座って、
                      私をじっと見ています。

                      ああ、りうちゃんもいるんだ。
                      そうだよね、いるよね、
                      こがねちゃんもいるんだから、
                      りうちゃんもいるよね。(^_^)

                      夢と現実の曖昧な感じの夢でした。

                      足りないものの無い、大前提の暮らしの光景。
                      何をするにも、このふたりが「いる」事が大前提です。
                      それが私の生活で暮らしで人生でした。

                      大前提がいない以上、
                      何があっても、何をしても、何がおきても、
                      なんか違うし、
                      なんか大事な事をわざと見ないようにして、
                      目を背けて、他の事をしてる感じ。
                      やらないといけないこと、
                      やりたいことをし終わっても、
                      ただ疲れた、という事の方が大きくて、
                      幸せな気持ちはありません。( ;´・ω・`)

                      ただただ疲れている。
                      毎日疲れている。
                      疲れたなんて言っていい働きなんかしてないのに、
                      なんだこの疲労感、倦怠感。

                      ずるずる〜ずる〜、と、大蛇みたいに起きたら、
                      少しずつ人間の形になって、
                      テレビの音やらコーヒーやらで、
                      やっとまともに人の形になって、1日をすごせる。

                      でも、どんなに忙しくしてても、
                      人と一緒に笑って過ごしていても、
                      心ここに在らず、なのがきっと本当の所で。(´・ω・`)

                      たまに、こうして夢を見て、夢で会えて、
                      その時だけはホッとして、安心できるのです。

                      現実の暮らしの中、に安心や幸せが、
                      もう無い、としても、
                      生物として生きていくしかないのですね。
                      死なないうちは生きるのですね。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      • すごいことになってます。
                        まるる
                      • すごいことになってます。
                        フル-ル
                      • 結局の所、人と会わないことしか無い
                        まるる
                      • 結局の所、人と会わないことしか無い
                        フル-ル
                      • 外付のハードディスクを買ったのね
                        フル-ル
                      • 外付のハードディスクを買ったのね
                        まるる
                      • オリンピックの延期決まる
                        フル-ル
                      • 大相撲が無事に閉幕
                        フル-ル
                      • あっという間に3月中旬に
                        まるる
                      • あっという間に3月中旬に
                        フル-ル

                      楽天市場

                      キャットフード

                      recommend

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM